RESONA BUSINESS ACADEMY -金融ビジネスインターンシップ-

りそなグループでは、
学生の皆さんに銀行への理解を
深めてもらうことを
目的として
金融ビジネスインターンシップを
実施いたします。

インターンシップ概要

「都市銀行」×「信託銀行」
銀行ビジネス 体験インターンシップ

「銀行業務」の全体像が理解できるワークショップからスタート。
経営の全体像や業務の流れについて体感していただき、金融ビジネスについてのイメージをわかりやすく学んでいただきます。さらにビジネスシミュレーションを通じて、社員が取り組む様々な課題を体感。銀行業務における問題解決手法について理解を深め、日本の商業銀行で唯一、信託業務を併営する「りそな」ならではの強みや特徴について感じていただきます。

当インターンシップでは、活躍中の現場社員との交流も実施を予定しており、リアルに金融ビジネスを体感していただきたいと考えています。

秋のインターンシップ<開催決定!!>

開催日程

実施地区
東京・埼玉・大阪
実施期間

【東京】2017年11月8日(水)~11月10日(金)
【埼玉】2017年11月17日(金)~11月19日(日)
【大阪】2017年11月27日(月)~11月29日(水)

※各3日間
※夏のインターンシップでエントリーシートをご提出済みの場合でも、再度ご応募いただけます。(参加者除く)
※応募者数によっては、12月に、東京と大阪で日程を追加する可能性があります。
実施時間
午前または午後(各会場共通)

プログラム

  • 1日目〈企業理解〉
    「銀行」とは「りそな」とは
  • 2日目〈仕事理解〉
    りそなの課題解決ビジネスとは
  • 3日目〈職場理解〉
    銀行ビジネスにおける
    プロフェッショナルとは
インターンシップの内容を
詳しく知りたい方はこちら!
インターンシップレポートを見る

募集概要

募集人数、応募地区、予定開催地区と、本インターンシップの募集概要を記載します。

募集人数

決定次第、当サイトに掲載いたします。

開催地区

東京地区

りそな銀行 東京本社

東京都江東区木場1丁目5番65号 深川ギャザリアW2棟

大阪地区

りそな千里センター

大阪府豊中市新千里西町1-2-13

※秋のインターンシップ会場は大阪本社ではございませんのでご注意ください。

埼玉地区

埼玉りそな銀行 本社

埼玉県さいたま市浦和区常盤7丁目4番1号

エントリー後の応募手続き

インターンシップマイページより、エントリーシート・写真の提出・適性検査の受検をしてください。
  • エントリーシート提出期限
    2017年10月18日(水) 23:59 まで
  • 応募用顔写真提出期限
    2017年10月19日(木) 23:59 まで
  • WEB適性検査受検期間
    2017年10月19日(木) 23:59 まで

エントリーシート、顔写真のご提出、WEB適性検査の受検が完了した段階でインターンシップの応募手続が完了となります。
※締切当日は大変混み合い、場合によってはエントリーシートの提出が完了できないことがあります。できるだけお早目にご提出ください。

インターンシップレポート

昨年のインターンシップの様子をお伝えします。
※今年の内容は変更となる可能性があります。

Report 1

銀行業界とりそな理解

参加者にりそなグループの経営者として、「銀行とは」「りそなとは」を考えていただきました。今までの常識に捉われない自由な発想が次々と発表されました。
POINT-
銀行業界の魅力とりそなの独自性を理解する。
参加者の声
銀行の経営者になるというシミュレーションでとてもわかりやすかったです。ホスピタリティをあげることはとても難しく、経営の難しさを実感できました。
Report 2

ビジネスシミュレーション

とある企業に対して、多種多様な情報を分析しながら、りそながどんな視点で提案営業を行うかを理解していただきました。
POINT-
仕事の面白さ・難しさを知る。
参加者の声
顧客のニーズにあうプランを提供する難しさを痛感しました。またプレゼンの仕方ひとつで伝わり方が違い、口調や姿勢、表情にも注意する必要があることを学べました。
Report 3

先輩座談会

社員との座談会で、実際の仕事内容、社会人として働くとはどういうことかなどを感じとっていただきました。
POINT-
人・社風の魅力を感じる。
参加者の声
社会に出るために必要なこと、りそな銀行で働くうえで必要なことなど、自分で調べてもわからないことを教えていただき、とても有意義でした。
Report 4

グループワーク&懇親会

グループワークを実施し、グループ全員で発表していただきました。仕事理解や情報連携の大切さなど、実際の業務でも必要なことを知ってもらいました。
POINT-
仕事理解を深める。
参加者の声
様々な経験を持つメンバーと意見を出し合って議論すると、自分自身では思いもつかない発想があり、視野が広がりました。また大勢の方の前で発表したことが、自信につながりました。