BUSINESS FIELD 「りそな」を前進させる人財と仕事

ASSET MANAGEMENT・ANALYSTアセットマネジメント(アナリスト)専門職
BUSINESS FIELD

企業活動の表面ではなく、背景や真の姿を見据えることこそが重要。

羽生 雄一郎YUICHIRO HANYUりそなアセットマネジメント株式会社株式運用部[2009年入社]
Q.経歴は?

Q.経歴は?

アセットマネジメントコースで2009年に入社。信託財産運用部企画グループにて業界動向調査や資産配分戦略の企画立案、黎明期にあったESG投資の推進活動に携わることで、アナリストに必要な経験を積み重ねてきました。2015年より株式運用室に異動し、日本株アナリストとして多様な業界を担当するとともに、J-REIT(不動産投資信託)や日本株の運用に取り組んできました。

Q.現在の仕事は?

大企業から中小企業までさまざまな企業の創意工夫によって世の中は刻々と変化しています。そして、そのダイナミズムが反映される株式市場が私のフィールドです。私は現在、アナリストとして運輸、自動車業界を担当し、マーケット動向調査や財務分析をはじめ、どの銘柄をどのくらい保有するのか投資判断を担っています。投資判断にあたっては経営者との対話や事業所に訪問して実地調査を行い、また、企業や社会の行く末をシナリオ化したうえで検証・修正を行うなど、多角的な視点で企業価値を見極め、運用リスクの最小化とリターンの最大化に挑戦し続けています。

Q.IT分野で求められることは?

Q.大切にしていることは?

これまで多様な企業の調査・分析に携わってきた中で大切だと思うのは、実際に自分の足で現場に赴くことです。時々刻々と動く株式市場において、業界動向や世界経済の潮流などの知識や業績、財務数値などの分析は当然必要です。しかし、忘れてならないのはビジネスは現場で動いているということ。挨拶ひとつ、工場における機械の配置ひとつに、その企業が有する本質的な力が表れています。担当する会社は何十社もある中で、企業が持つ価値を一つもこぼさないように見つけていくこと、企業活動の表面だけでなく背景や真の姿を見据えていくことこそ、アナリストの腕の見せ所であると私は思っています。

Q.大切にしていることは?
Q.アナリストとして感じるやりがいは?

Q.アナリストとして感じるやりがいは?

未来は不確実だからこそ未来です。しかし、その不確実な未来の方向性を先読みできるのも、また私たちに他なりません。世の中を良い方向に変えていくビジネスは発展し、世の中に悪影響を及ぼすビジネスは衰退します。そのような世界で、自らの考えを磨き、未来の変化を予測・体感できるのがアナリストのやりがいです。いま世の中で起こっている様々な出来事の本質を正しく捉え、その先のワクワクする未来を想像してお客さまに伝えていくこと。それこそが、お客さまに確かなリターンを提供するパフォーマンスにつながっていくのだと思います。

MESSAGE学生のみなさんへ メッセージ

MESSAGE学生のみなさんへ メッセージ

「りそな」には多様な人財を活かし、専門人財として育てていく文化が根づいています。みなさんが1日1日を有意義に過ごせる会社、仕事と出会えますように。応援しています。