BUSINESS FIELD 「りそな」を前進させる人財と仕事

IT PLANNINGIT企画専門職
BUSINESS FIELD

「りそな」だからこそ、実現できるITサービスがある。

加藤 太郎TARO KATO株式会社りそなホールディングスIT企画部[2012年入社]
Q.経歴は?

Q.経歴は?

2012年、ITソリューション分野に特化した職域で入社し、支店において実務に取り組むことで銀行業務を身につけた後、ホールディングスIT企画部へ異動。システム投資計画策定や企画業務を担いました。システム開発・保守を行うI T 企業への出向で開発経験を積み、システムに関わる多数のプロジェクトに携わってきました。2017年、ホールディングスIT企画部へ戻り、開発案件のプロジェクトリーダーに。このように、「銀行×IT」のフィールドで多様な案件を経験するキャリアを歩んできました。

Q.現在の仕事は?

私が担うのは、当社にあるデータの活用・分析に用いるためのシステム基盤となる情報システムの企画です。3~5年先ではなく10年先を見据えた情報システムの将来像をイメージし、現在のシステムの課題を分析、システム構成を検討し、ITベンダーや関連部署の協力も得て具体化していきます。当社を取り巻く環境も大きな変化を迎える中、次世代のリテールサービス提供に向けた取り組みの一環として、「デジタル&データ」「オープンイノベーション」などのキーワードを意識し、サービスを提供する基盤となるシステムの構想であるため、非常に難しく、その分やりがいを感じて取り組んでいます。

Q.IT分野で求められることは?

Q.IT分野で求められることは?

IT分野と聞くとエンジニアやプログラマーといったパソコンと向き合う職種のイメージを抱かれる方も多いかもしれませんが、IT企画は社内外の関係者を巻き込み案件を進めていくため、「コミュニケーション能力・チームワーク」が重要です。実際、IT企画部で働くメンバーは、文系理系問わず、支店での業務を経験し、現場を知ったうえでIT分野を担当する社員が多くを占めており、これも「りそな」らしい点だと思います。つくり手だけでなく、ユーザーとしてのシステム利用経験を活かしたサービス開発が一層大切になると考えています。また、ITを取り巻く環境は目まぐるしく変化していくため、変化に柔軟に対応し、積極的に自身のスキルに取り込んでいく姿勢も重要となってきます。

Q.IT分野で求められることは?
Q.これからの目標は?

Q.最近、取り組んでいることは?

最新技術や業界動向について知見の共有が重要だと考え、最近では部内の20代を中心とした若手社員による勉強会を発足しました。自由闊達に意見を交換しながら、今後の社会を見据えたサービス改革、AIなどの技術を活用した新たな金融サービス実現を構想しています。多様なメンバーとともに何事も突き詰めて考え、真に必要とされるサービスを生み出して未来を切り拓いていく。それが「りそな」のIT業務の魅力です。これまでの銀行のあり方にとらわれず、新たな価値を感じてもらえるサービス開発・提供へ結びつけられるよう取り組んでいきたいと思っています。

MESSAGE学生のみなさんへ メッセージ

MESSAGE学生のみなさんへ メッセージ

さまざまな業界を見ていく中で、当社に興味を持っていただけたらぜひ一緒に働きましょう。これからの技術革新のスピードはさらに加速し、システム化ニーズはより増していくと思っています。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしております。